バーストラウマとは。胎児期を癒すとどうなるの?


今回は、胎児期を癒す重要性についてお伝えします。
バーストラウマのもたらす影響と、それを癒していくにはどうしたらよいか、ということについてお伝えします。

1.バーストラウマとは。胎児期を癒すとどうなるの?

バーストラウマとは、胎児期から生後3ヶ月程度における心の傷のことをいいます。

1920年代に生まれた概念で、最初に唱えたのは、フロイトの弟子で精神分析家のオットーフランクという人だそうです。

出産前後の心の傷……? なんかピンと来ないなぁ、という方も多いと思います。

ここからは胎児に戻ったつもりになって考えていきましょう。

すべての赤ちゃんが、出生時に「喪失」を経験していますよね。

  • あたたかく安全な子宮という世界との別れ。
  • お母さんと一体化していた世界との別れ。

このこと自体がひとつの苦難であって、ネガティブな記憶が潜在意識に残るという考えられています。

私達はまず喪失体験から人生をスタートさせているんです。

胎児の頃や出産時のことを覚えているという人はほとんどいないですが、考えてみたら「生まれる」ってすごいストレスがかかりそうじゃないですか?

想像してみてください。

お母さんのお腹にいる時には羊水の中にいるのですから、水中生活です。
それが「生まれた」瞬間から、大気に包まれて、肺呼吸を始めなくてはなりません。

それって魚が地上に上がってきた、もしくは私達人間が水中で生活を始めるようなものです。

ついさっきまで母親の子宮の中で、ぬくぬくしてて、
へその緒を通じて、栄養ももらえるし、自分で呼吸しなくていいしという安楽な世界にいたわけです。

それが、産道を通って外に出てきたと思ったら、
母親から切り離され、吸引されたり、タオルで拭かれたり、眩しいライトを当てられたり。

赤ちゃんにしたら、びっくりしそうじゃないですか?

一般的な出産現場でなされていることであっても、新生児にとってはストレスがかかっていることがたくさんあると思います。

さらに、もう少し深刻な状況にいる胎児もいます。

妊娠中、お母さんの精神状態が不安定で赤ちゃんに愛を向けられない状態だったとか、難産、未熟児、帝王切開など、出産に困難な状況があったというような場合は、より一層、胎児にストレスがかかっていきます。

バース・トラウマは無意識のレベルで一生その人を操作し、その多くがマイナスに作用すると考えられています。

だから、記憶になかったとしても、潜在意識に潜んでいる胎児期から新生児の頃の心の傷を癒していくことは、大きな効果を生むことがあるのです。

 

2.胎児期退行リバーシングセラピーとは何か

母親のお腹にいた胎児期や出生体験まで遡りバーストラウマを癒していくセラピーです。

そして、理想的な出生のシーンに書き換えていく時間を取り入れています。
まさに「生まれ変わる」体験ができるところが大きな特徴です。
セラピーでは、まず妊娠中の状況についてイメージしていきます。

●妊娠中に母親がどのような精神状態でいたのか
●母親を取り巻くまわりの人(父親や兄弟など)はどんな様子だったのか。
●胎児である自分の状態はどうだったか。
●母親のエネルギーをどう感じて、どんな影響を受けていたか。

人生のスタート地点でもあるので、ブループリント(魂の人生設計)についても確認してみましょう。
●なぜ、この両親を選んだのか。
●どうしてこの時代を選んだのか。
●この人生でなにをやろうと思っているのか。
などです。

この潜在意識に潜んでいる出生の前後の記憶をたどり、ネガティブな思いや感情を解放していきます。

そして、胎児もお母さんも家族も、みんなが安心している状態で、愛のエネルギーに包まれての再誕生を体験していきます。

3.受けるとどんな効果があるの?


バーストラウマを癒すことで、ネガティブな思い込みが外れていきます。
生きやすさと自己愛が増えていく人が多いです。

このセラピーを受けてくださった方からは、こんなお声をいただきます。

  • ずっと生きづらさを感じていたのに、いつのまにかその苦しさが消えていた。
  • 自分はいなくてもいい存在だという思いが解消して、生きる希望が出てきた。
  • 見捨てられ不安、愛されないという不安が少なくなった。
  • 自分のことを認められるようになった
  • 自分は愛されている存在なんだ、と確認できた。

4.どんな人にお勧めですか?

胎児期退行リバーシングセラピーは、すべての方に一度は受けていただきたいなぁと個人的には思っていますが、特にこのような方におすすめです。

  • 不安や恐れを強く感じやすい方
  • 自分への無価値感を強く感じている方
  • 性別や性に対するお悩みを持っている方(女性であることに違和感がある、セックスが怖い、または依存症等)
  • 人生の目的や生きる意味について探求している方

5.受けた方の感想

クライアントさんからのご感想の一部をご紹介しますね。

胎児の頃を思い出すことが出来るなんてビックリでした。
私がおなかにいた頃、母はいろいろな苦労をしていたようです。
父が入院し、生活もギリギリだし、助けてくれる人もいなかったのです。
母の不安や孤独感が、胎児の私に伝わってきていました。母の気持ちなのか、自分の気持ちなのか分からないほど同化していたようで、おなかの中にいながら不安でたまりませんでした。生まれていくことが怖い、という気持ちでいっぱいでした。
今回、セラピーの中で、出生体験をやり直して、みんなに歓迎されて産まれてきたこと、愛されていることを感じることができました。
生まれてきて良かった、と心から思えました。
40代 女性 東京都

仕事のストレスに加え、恋愛も成就せず、頑張っているのに、むくわれないと嘆いていました。外では笑顔で頑張っている分、家に帰ると疲れ果てて、泣いたりイライラしたり、自分でも感情のコントロールができなくなっていました。

セラピーを受けるのは初めてでしたが、事前のカウンセリングでもたっぷり話を聞いてもらい、吐き出すことが出来ただけでもスッキリしました。そして胎児期の世界に行ってみて、感じたのは、自分の強さでした。

本当はこんなにパワフルだったんだ、と気づけたのです。「みんなを幸せにしたい」と張り切って生まれてきたことを思い出しました。

セラピーの中で生まれ直しをしたからなのか、それ以来、家族に対してもイライラしなくなったし、自分を肯定できるようになりました。

そして、なぜか好きだった彼から連絡が来て、今デートを重ねています。自然に良い流れが来ています。

本当に受けて良かったです。
30代 女性 神奈川県

6.受けてみたいな、という方へ

胎児期退行リバーシングセラピーについてご興味を持って下さったかたは、以下のページもご覧ください。
お申込みもこちらからできます。

ヒプノセラピーを受けたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です